2019年 上席化学工学技士 申込受付

申込期間2019年06月01日(土)~30日(日)
会場化学工学会
会場住所〒112-0006 東京都文京区小日向4-6-19
公益社団法人化学工学会(Tel:03-3943-3527)
参加申込は終了いたしました。
2019年度
受験申込受付期間
(一次)書類提出
6月1日0:00~30日23:59 【締切厳守
申込の際に、業務履歴証明書(人事部長または人事部長に相当する方の証明印が必要)を添付し、
表1の技術分野を選択していただきます。
 ※(一次)書類審査の合否及び(二次)論文審査に関する詳細は7月10日(水)頃までに連絡いたします。
(二次)論文審査
論文提出期限
2019年8月15日(木)23:59 【締切厳守
【提出物】
1.課題論文 A4用紙2枚以内(最大で3,200字相当)
2.業務論文【業務経験に関すること】 A4用紙3枚以内(最大で4,800字相当)
 表1の中からあらかじめ選択した技術分野に関して、専門知識をどのように活用して
 業務を遂行したかを中心に、専門技術を主題にした論文を書いていただきます。
 ※(二次)論文審査の合否及び(三次)面接審査に関する詳細は9月20日頃に連絡いたします。
(三次)面接審査
審査日
2019年10月19日(土)東京( 化学工学会会議室
 ※合否は11月上旬に連絡いたします。

表1.上席化学工学技士技術分野

No.技術分野専門技術
1総合化学工学技術管理、リスクマネジメント、技術教育、プロジェクトマネジジメント、LCA/LCE(ライフサイクルアセスメント/エンジニアリング)、プロセス計画、プロセス評価
2流動・伝熱・混合技術流動、伝熱、蒸発、乾燥、調湿、粉体流動、超臨界流体、攪拌、混合、混錬
3分離技術蒸留、吸収、放散、吸着、膜分離、晶析、抽出、固液分離
4反応技術反応工学、触媒、反応器、燃焼、マイクロリアクター
5粉体技術粉砕、分級、造粒、粉粒体の混合攪拌、粉粒体の貯槽と供給、粉粒体の輸送、粉塵爆発と自然発火
6プロセス研究・開発プロセス研究・開発、スケールアップ
7プロセス設計・技術プロセス設計、プロセス制御、プロセスシステム設計、プロセスIT、物性推算、プロセスシミュレーション(定常、ダイナミック、CFD、モデル化)、材料選定
8プラント設計・建設機器設計、配管設計などの設備設計、プラント建設
9プラント運転・設備管理・装置材料プラント運転、設備管理、最適運転、トラブルシューティング、装置材料
10資源・エネルギー資源開発、エネルギー効率化、原子力、省エネルギー、再生エネルギー
11環境・安全化学環境対応装置、環境アセスメント、安全工学、HSE
12バイオ・医薬・食品生物プロセス、生物分離、遺伝子操作、発酵、医薬品プロセス、食品化学工学
13新素材・加工技術薄膜製造、ナノテクノロジー、新素材製造、高分子成形加工

「上席化学工学技士」受験要件

1.個人正会員であること。

 ※入会手続きはこちらより
 ※会員番号(ID)とパスワードを忘れた方はこちらよりご確認下さい。

2.上席化学工学技士は、化学技術の分野の中で高度な専門性を持ち、また、その分野においては社会から専門家として認められるような能力があり、さらに技術指導ができる能力を有すること。

3.化学工学を含む化学技術分野の専門的業務に携わり、15年以上の実務経験を有すること。(但し、化学工学技士の資格があれば10年で受験可)

4.上述の専門的業務は、以下の何れかの職種において、高度な専門的応用能力を必要とする業務を含むものであること。
 (職種)研究、開発、設計、検討・評価、計画、保守、運転、管理、建設、プロジェクト総括、情報処理など
注)学校教育法の大学院修士課程又は博士課程(化学工学関連分野専攻に限る)に在学していた方は、2.の実務経験に2年を限度として算入する事ができます。

費用

 ※2019年度消費税は8%のままです。

 受験料(税抜)
化学工学技士  保有者20,000円
化学工学技士 非保有者25,000円

戻る