「プラント計装制御-1」講座 改定第13回

開催日2020年11月11日(水)~13日(金)
参加申込期間2020年02月20日(木)~11月03日(火)
会場化学工学会会議室(11/11,13)、横河電機(株) 本館デモルーム/トレーニングセンター講習室(11/12)
会場住所1,3日目;〒112-0006 文京区小日向4-6-19 共立会館ビル5F(化学工学会)
 2日目;〒180-8750 武蔵野市中町2-9-32(横河電機㈱)
URLhttp://www.scej.org/access.html
参加費
会員
正会員
66,000円
非会員の方
維持会員/特別会員の社員
82,500円
地区会員の社員
99,000円
会員外
115,500円
参加申込はこちら
定員8名
現在参加申込数7名

6月3日(水)~5日(金)の開催は、11月11日(水)~13日(金)に日程を変更致しました。
なお、化学工学会会議室での実施にあたり、次のような新型コロナウイルス感染症対策を行います。
講座開催時の対応はこちら
(7/15)

《定員》
16名 ⇒8名
ソーシャルディスタンスを確保するため、定員を16名から12名に減らします。
状況が改善されれば、元の定員数に戻す予定です。ご了承下さい。(3/31)
定員を12名から8名に減らしました。(5/11)

《趣旨》
 若手プロセスエンジニアおよび計装制御エンジニアが、プロセスプラントのプロセス改造、新設時に知っておくべき、プロセスプラントで求められるプラント計装・制御の基礎を学んでいただきます。
 また、今後プロセスプラントの中堅エンジニアとして活躍するために必要なプラント計装・制御の基礎技術を再整理していただきます。

《対象》以下のいずれかに該当される方
・プロセス技術者(2~5年程度の経験者)
・計装制御技術者(2~3年程度の経験者)
・「プロセス設計」講座 化工物性・蒸留計算塔・槽、熱交換器の設計ハイドロリックの設計プロセス基本制御とPFD作成 各編修了者
「P&IDの作り方」講座 受講予定者
「プラント計装制御-2」講座 修了者/受講予定者

《受講のメリット》
(1)プラント制御・計装の基本を理解できます。
(2)計装設計の基本、制御方式選定の基礎を習得できます。
(3)横河電機殿のご協力により、デモルームにてDCSによる制御動作と現場機器の動作の関連性を、トレーニングセンターにてDCSを使った制御操作実習を体験できます。
(4)講義と実習により、DCSと安全計装への理解が深まります。
(5)最新のプラント情報システムについて学べます。
(6)修了レポートにより、理解度を更に深められます。

《プログラム》
第1日:6月3日(水)⇒11月11日(水) ※9:55開始 於:化学工学会会議室

諸連絡(9:55~10:00)

1.プラント計装制御概論(10:00~11:25;駒村氏)
2.DCSの機能と設計(11:35~13:00;駒村氏)
3.プロセス計測操作端(14:00~17:00;赤城氏)
 計装システムの構成、
 流量、
 液面計測器、
 温度・圧力計測器、
 分析計、
 調節弁

第2日:6月4日(木)⇒11月12日(木) ※9:00開始 於:横河電機㈱ デモルーム/トレーニングセンター
4.デモルームでのDCSの操作の概要とDCSによる制御動作と現場機器の動作の関連性(9:00~10:20;秦氏)
  (1)CENTUMの概要説明
  (2)デモルームの実機を使用し、詳細説明及び実習  

<トレーニングセンターへ移動>

5.トレーニングセンターでのCENTUMを使った制御操作実習(10:40~16:00;田島氏)
  (1)バッチ制御
  (2)連続制御
  (3)比率制御
  (4)定量仕込制御
  (5)プログラム制御
  (6)PID制御

《交通・アクセス》
横河電機㈱演習室
(JR三鷹駅(東京駅から中央線特別快速30分、快速37分)下車徒歩7分)
〒180-8750 武蔵野市中町2-9-32

第3日:6月5日(金)⇒11月13日(金) ※9:30開始 於:化学工学会会議室

6.安全計装(9:30~10:55;岩崎氏)
7.標準的なプロセス制御ループ事例(11:05~14:25;小瀧氏)
8.プラント情報システム概説(14:35~16:30;平井氏)

《講師》
駒村 康弘氏(日揮グローバル㈱オイル&ガスプロジェクトカンパニー デザインエンジニアリング本部 計装制御部)
赤城 範方氏(日揮グローバル㈱オイル&ガスプロジェクトカンパニー デザインエンジニアリング本部 計装制御部)
秦  彰宏氏(横河ソリューションサービス㈱海外・プラント本部 技術部1Gr.)
田島 保之氏(横河ソリューションサービス㈱トレーニングセンター)
岩崎  陽氏(日揮グローバル㈱オイル&ガスプロジェクトカンパニー デザインエンジニアリング本部 計装制御部)
小瀧 喜明氏(日揮グローバル㈱オイル&ガスプロジェクトカンパニー プロセステクノロジー本部 プロセス技術部 部長)
平井 隆詞氏(日揮グローバル㈱オイル&ガスプロジェクトカンパニー プロジェクトマネジメント本部 ITマネジメント部)

《受講者の特典》
本講座では、修了レポートを実施します。
本講座に関する質問を受講後3ヶ月間はメールにて受付いたします。

//////////////////////////////////

『技士基礎割』

 2014年度より一部講座で下に示す条件を満たす化学工学技士(基礎)資格保有者を対象として、正会員の半額で受講できる『技士基礎割』を実施しております。
 2019年度は、「プロセス設計」講座 化工物性・蒸留計算編、塔・槽、熱交換器の設計編、ハイドロリックの設計編、プロセス基本制御とPFD作成編、「反応器の設計」講座、「化学物質の安全」講座、「プラント計装制御-1」講座の計7講座を対象とします。

『技士基礎割』条件
 1.化学工学技士(基礎)資格に関する手続きを完了していること。
 2.正会員であること。(事前に自らの会員情報を確認し、登録内容を更新して下さい)
 3.卒業または修了後5年以内の社会人であること。

 7講座の割引適用後の参加費は、こちらをご確認下さい。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

出席基準を満たす受講者には、最終日に受講証明書を発行するとともに、継続教育ポイントを30pt授与致します。

『修了レポート』

本講座では、出席基準を満たす受講者を対象に修了レポートを実施します。
修了レポートを期限内(受講3週間後の月曜日まで)に提出し、合格ラインに達した方には、修了証を授与します。
更に、修了者には継続教育ポイントを15pt加算致します。

継続教育ポイントの合計が100ptに達した受講者には、100ptにつき1回、「化学工学技士」資格認定試験を受験する機会を無料で提供します。

//////////////////////////////////
参加費には開催日に適用される消費税(10%)が含まれます。

※6名に達しない場合は、開催中止となることがございます。
継続教育セミナー 一覧はこちらより

戻る