「レイアウトとプロットプランの考え方」講座 第22回

開催日2019年10月24日(木)~25日(金)
参加申込期間2019年06月03日(月)~10月23日(水)
会場化学工学会会議室
会場住所〒112-0006 東京都文京区小日向4-6-19 共立会館ビル5F
東京メトロ丸の内線茗荷谷駅(東京駅から11分)下車徒歩1分
URLhttp://www.scej.org/access.html
参加費
会員
正会員
44,000円
非会員の方
維持会員/特別会員の社員
55,000円
地区会員の社員
66,000円
会員外
77,000円
参加申込はこちら
定員15名
現在参加申込数12名

上記参加費の消費税は10%で表記されております。

《趣旨》
 レイアウトの基礎概念、考え方とプロットプランの決め方などについて解説し、新規や既存プラントのレイアウトやプロットプランの根底にある考え方を学んでいただき、さらに簡単な演習によって理解を深めていただきます。
 また、エンジニア会社とユーザーである化学メーカーとの考え方の相違点を理解していただきます。

《対象》以下のいずれかに該当される方
・レイアウトやプロットプランを考えなければならない人
・プロジェクトエンジニア、配管エンジニア、プラントエンジニア、プロセスエンジニアなどで5~7年の実務経験のある人(ある程度プラントに関する知識を持っている人)

《受講のメリット》
(1)レイアウトとプロットプランの基本的考え方を学べます。
(2)レイアウトとプロットプランを決める上で必要な法律・規格・基準の相互関係を理解できます。
(3)レイアウトとプロットプラン作成上のノウハウを取得できます。
(4)エンジニアリング会社と化学メーカーとの考え方を理解できます。
(5)修了レポートにより、理解度を更に深められます。

《プログラム》
第1日:10月24日(木)9:55~17:00(木村氏)
諸連絡(9:55~10:00)
レイアウト作成のための基礎知識(10:00~12:30&13:30~15:00)
 敷地条件、
 気象条件、
 ユーティリティー条件、
 工場設備、
 付帯設備、
 レイアウトに関する法律、
 レイアウトの評価
レイアウト実習(15:00~17:00)

第2日:10月25日(金)9:30~16:30(浅野氏)
プロットプラン作成のための基礎知識(9:30~12:30)
 機器配置の基本形態、
 機器配置の基本思想、
 プロットプランの必要資料、
 プロットプラン計画時の考慮事項、
 水切りから据付まで、
 プロットプランに関する法的規制
プロットプラン実習(13:30~16:30)

《講師》経験豊富なエンジニア
 木村 修氏(工業化技術・教育 支援事務所代表、元宇部興産㈱)
 浅野健治氏(日本ゼオン㈱、上席化学工学技士

《受講者の特典》
本講座では、修了レポートを実施します。
本講座に関する質問を受講後3ヶ月間はメールにて受付いたします。

//////////////////////////////////

出席基準を満たす受講者には、最終日に受講証明書を発行するとともに、継続教育ポイントを30pt授与致します。

『修了レポート』

本講座では、出席基準を満たす受講者を対象に修了レポートを実施します。
修了レポートを期限内(受講翌々週の日曜日受講3週間後の月曜日まで)に提出し、合格ラインに達した方には、修了証を授与します。
更に、修了者には継続教育ポイントを15pt加算致します。

継続教育ポイントの合計が100ptに達した受講者には、100ptにつき1回、「化学工学技士」資格認定試験を受験する機会を無料で提供します。

//////////////////////////////////
参加費には開催日に適用される消費税(10%)が含まれます。

※6名に達しない場合は、開催中止となることがございます。
継続教育セミナー 一覧はこちらより

戻る