「化学物質の安全・安全実技体験」講座 第8回

開催日2019年07月16日(火)~17日(水)
参加申込期間2019年02月15日(金)~07月08日(月)
会場茂原ステーションホテル Bホール(7/16)、三井化学(株)技術研修センター(7/17)
会場住所茂原ステーションホテル  :〒297-0023 千葉県茂原市千代田町1-2
(tel:0475-24-2521)    JR外房線 茂原駅 下車徒歩2分
三井化学㈱技術研修センター:〒297-8666 千葉県茂原市東郷1900番地 
(tel:0475-22-0105)    JR外房線 茂原駅 下車タクシー5分or徒歩20分
参加費
会員
正会員
36,720円
非会員の方
維持会員/特別会員の社員
42,120円
地区会員の社員
47,520円
会員外
52,920円
参加申込は終了いたしました。

《趣旨》
 化学物質による火災や爆発の危険性を分類し、それぞれ物質の危険性、取扱い上の問題点などの基礎的な知識を身につけていただいた後、これらを実験によって確認していただきます。

《対象》以下のいずれかに該当される方
 ・化学物質を扱う技術者・研究者(1~5年程度の実務経験者)
 ・化学物質取り扱い上の危険性、安全上の問題点について知りたい若手技術者

《受講のメリット》
(1)化学物質の危険性や取り扱い上の注意を学べます。
(2)安全体験を受けることによって、「火災・爆発・静電気の危険性」に対する感受性と危険予知能力を高められます。
(3)修了レポートにより、理解度を更に深められます。

《交通・アクセス》

※両会場ともに駐車場をご用意できません。お手数ですが、JR、高速バス等の公共交通機関をご利用ください。

<JR時刻表(参考)>※目安です。各自ご確認下さい。
  ※東京駅京葉線ホームは他路線からは離れていますので、乗継の際はご注意下さい。
 特急;10:00東京駅[京葉線]発                     ⇒10:54茂原駅着(わかしお5号)
 普通;9:16東京駅[京葉線]発  ⇒10:08蘇我駅着/10:18蘇我駅[外房線]発⇒10:50茂原駅着
    9:27東京駅[総武線快速]発⇒10:05千葉駅着/10:10千葉駅[外房線]発⇒10:50茂原駅着

 特急;12:41茂原駅発            ⇒13:35東京駅[京葉線]着(わかしお12号)
 普通;12:47茂原駅[外房線/京葉線直通快速]発⇒14:01東京駅[京葉線]着

<空港リムジンバス(時刻表)> ※2017年7月1日改定

バス停小湊京急小湊京急小湊京急小湊
横浜駅東口(のりば18) 0700 101511251405170519302210
羽田空港第2(のりば12)104511551435173520002240
羽田空港第1(のりば12)105012001440174020052245
市原鶴舞BT 0755114012501530183020552335
長南駐車場 0810115513051545184521102350
茂原駅 0825121013201600190021252405
バス停小湊京急小湊京急小湊京急小湊
茂原駅0450065009101250 145016351955
長南駐車場 0505070509251305150516502010
市原鶴舞BT 0520072009401320152017052025
羽田空港第10605080510251405 160517502105
羽田空港第20610081010301410 161017552110
横浜駅東口0640084011001440 164018252140

《茂原市の宿泊施設一覧》
茂原市観光協会ホームページをご参照下さい

《プログラム》
第1日:7月16日(火)11:00~18:00 於:茂原ステーションホテル Bホール 堀口氏

1.危険物質総論(11:05~12:30)
 化学物質の安全管理-開発から廃棄まで、
 危険有害性化学物質の分類、
 MSDS、
 GHS

2.化学物質の燃焼・爆発危険性(13:30~14:55)
 高圧ガスの燃焼性、爆発性、
 液体の燃焼性、爆発性、
 固体の燃焼性、爆発性、
 静電気による着火・爆発危険性とその管理、
 自己反応性、
 自然発火性、
 混合危険性

3.燃焼・爆発危険性の指標と測定法(15:05~16:25)
 爆発範囲と爆発限界、
 発火および引火、
 消炎距離および最大安全すきま(MESG)、
 最小発火エネルギー、
 爆発指数、
 燃焼熱、
 酸素バランス、
 CHETAH,REITP3を用いた危険性評価

4.燃焼・爆発以外の危険性と対策(16:35~)
 金属腐食性、
 健康有害性、
 作業環境測定、
 曝露防止対策、

5.反応暴走の危険性(~18:00)
 反応の暴走
 危険性の高い主な反応

第2日:7月17日(水)9:00~12:00 於:三井化学㈱茂原分工場/技術研修センター

※技術研修センター玄関(茂原工場正門より2,3分)に8:50までにご集合下さい。
写真入りの身分証明書をお持ちください。(運転免許証、写真入り社員証など)
忘れた場合には、入門できませんのでご注意ください。

6.安全体験「火災・爆発・静電気」 飯島氏

《講師》安全分野で経験豊富な研究者・技術者
堀口貞茲氏(元(独)産業技術総合研究所 爆発安全研究センター)
飯島正章氏(三井化学㈱安全・環境技術部 保安技術グループ)

《受講者の特典》
本講座では、修了レポートを実施します。
本講座に関する質問を受講後3ヶ月間はメールにて受付いたします。

//////////////////////////////////

『技士基礎割』

 2014年度より一部講座で下に示す条件を満たす化学工学技士(基礎)資格保有者を対象として、正会員の半額で受講できる『技士基礎割』を実施しております。
 2019年度は、「プロセス設計」講座 化工物性・蒸留計算編、塔・槽、熱交換器の設計編、ハイドロリックの設計編、プロセス基本制御とPFD作成編、改定版「充填塔の設計」講座、「反応器の設計」講座、「化学物質の安全」講座、「プラント計装制御-1」講座の計8講座を対象とします。

『技士基礎割』条件
 1.化学工学技士(基礎)資格に関する手続きを完了していること。
 2.正会員であること。(事前に自らの会員情報を確認し、登録内容を更新して下さい)
 3.卒業または修了後5年以内の社会人であること。(2016年度より対象期間を2年を5年に延長しました)

 8講座の割引適用後の参加費は、こちらをご確認下さい。

//////////////////////////////////

出席基準を満たす受講者には、最終日に受講証明書を発行するとともに、継続教育ポイントを20pt授与致します。

『修了レポート』

本講座では、出席基準を満たす受講者を対象に修了レポートを実施します。
修了レポートを期限内(受講翌々週の日曜日受講3週間後の月曜日まで)に提出し、合格ラインに達した方には、修了証を授与します。
更に、修了者には継続教育ポイントを10pt加算致します。

継続教育ポイントの合計が100ptに達した受講者には、100ptにつき1回、「化学工学技士」資格認定試験を受験する機会を無料で提供します。

//////////////////////////////////
参加費には開催日に適用される消費税(8%)が含まれます。

※開催1か月前までに6名に達しない場合は、開催中止となることがございます。
継続教育セミナー 一覧はこちらより

戻る